戻る

松葉町の掘割をどこまでもさかのぼっていくと、正連寺まで続き、雑木林にかこまれた古い小さな池に出合います。これがこんぶくろ池であり、手賀沼、大堀川の水源です。こんこんとわき出る清水は、昔から絶えることなく、堀を伝わって手賀沼まで流れながら、まわりの田園をうるおし、人力では及ばない大きな役割をもくもくと果たしていたのです。

こんぶくろ池にまつわる民話

 このこんぶくろ池には、昔からいろいろの言い伝えが残っています。池の名前も、こんぶくろに似ているところから、そう言われるようになったのだと言われています。こちらでは、そのいくつかをご紹介します。

民話 1 こんぶくろ池」の名の由来

 ずっとずっと昔の話になりますが、そのころ田や畑で仕事をしていたお百姓さんたちは、のどがかわくと、この池のきれいな清水を飲みにきていました。牧の馬たちも、木にさえずる小鳥たちも、野をかけまわる鹿や兎たちもこの池に集まって、それはそれは平和な風景を見せていました。

 あるとき、畑に出ていた若者がいつものように水を飲みにきました。池はまわりの木の影を落として、みどりいろに澄みきっていました。

 はじめ、手ですくって飲んでいた若者は、手をついて腹ばいになり、池に顔をつけてむちゅうでのみました。そのとき、池の水がにしきいろに輝いているのに気づきました。

 びっくりして顔をあげると、目の前に美しいこんぶくろ(きんちゃく)が浮かんでいました。

 若者は思わず手をのばしましたが、波にゆらゆら揺れているこんぶくろは、なかなかとれません。木の枝につかまって足をのばしたり、いろいろやっているうちに、こんぶくろは見えなくなってしまいました。若者は、村に帰ってその話をしました。


村の人たちは、

「それはきっと米を生むふくろだんべ・・・・・・。」

「いや、それは子を生むふくろだんべ・・・・・・。」

と、つぎからつぎへと伝わってうわさ話に花が咲きました。それからは誰言うとなく、こんぶくろ池と呼ぶようになったということです。

(柏市教育委員会・「柏のむかしばなし」抜粋S60年度発行)


民話 2

「守り神」

 遠い昔のことです・・・。

 日もやがて暮れるころ、正連寺の里へ身なりのまずしい、ひとりの旅の僧があらわれました。

 そのお坊さんは、「わたしは、こんぶくろ池の主の使いでまいりました。

 こんど、手賀沼の主がこんぶくろ池の主に会いにくることになりました。池を濁しては困りますので、これからはこんぶくろ池のうなぎは取らないでください。もし、約束してくださるなら、田や畑の作物は今までよりもたくさんとれるようにしてあげます。約束してくださらないと、米は一粒もとれなくなってしまうでしょう。」

 そう告げるとお坊さんは立ち去りました。村の人たちはおどろいてしまいました。

 そして、その不思議なお坊さんのあとを、こっそりつけていきました。

 お坊さんは、こんぶくろ池のそばまでくると、夕闇にまぎれて見えなくなってしまいました。

 みんな目をこらして池の方を見ていると、ボチャンと大きな音が池の中からきこえてきました。みんな目をみはりました。池の中ほどに、大きなうなぎの顔が
深く沈んでいくのが見えました。みんなは、不思議だ不思議だといいながら、気味わるく思いました。

 そして、村じゅう寄り合って、これからうなぎは取らないよう、かたく約束をかわしました。その年の秋は大豊作でした。

 それから毎年作物はたくさんとれるようになって、人々のくらしは、たいへん豊かになっていきました。これはこんぶくろ池の主のおかげにちがいないといって、正直な村人たちは、約束を守りつづけました。

 今でも、正連寺の人たちは、祖先のきめたことを守って、うなぎはたべないとのことです。

(柏市教育委員会「柏のむかしばなし」s60年度発行)


民話 3 「底なしの池」

 こんぶくろ池は柏市の北部に位置する小村、正蓮寺の山林の奥にあります。

 古くは徳川幕府の天領地、小金牧の一部でした。

 この辺りは、湿地帯で日中でもうす暗く、「池には青ごけが生えていた」と言う人もいるほど青く深々として、いつも澄んだ清水がこんこんと湧き出ていました。溝さらいの課役を負った正蓮寺村の人達は、池の中から馬の骨が沢山でてきたのを見たそうです。

 周りには牧といって、沢山の馬が放し飼いされていたので水を飲みに来た馬が足を取られ沈んでしまったのでしょう。 

 こんなことから“底なしの池”と言われています。 

(柏市教育委員会・こんぶくろ池保存の会「正蓮寺老人会談」s59年3月発行)

民話4 早川新平と蛇の化身」


むかし船戸に代官所があったころの話です。

早川新平という30歳を過ぎた武士が役人として赴任してきました。
新平の仕事は、船戸代官所の領地であった大室や花野井などを巡察したり、小金牧の検分をする事でした。

 春の彼岸が過ぎて木の芽がふくらみ、ナラやクヌギの生い茂る中を、新平はこんぶくろ池のほとりに立っていました。

 牧に放し飼いされた馬の水飲み場のこの池も、検分する場所のひとつでした。

 「おや?」草深い森の中に若い娘の姿を見つけて新平は、びっくりしました。そして思わず足を早めて、娘の立つこんぶくろ池に近寄ろうとしました。

 ほほえみを浮かべて立っていた娘は、近寄る新平をみると、後ずさりをして森の奥深くへ去っていきました。

 新平はこの日から、夜となく昼となく、ほほえみを浮かべた娘の姿を思いつづけるようになりました。


 小金牧へ将軍さまが鷹狩りに来るという日が近くなりました。

 検分のため、こんぶくろ池へ来てみると藤の花がいっぱい咲いておりました。
3頭ほどの野馬が水を飲んでいる対岸に、あの、ほほえみを浮かべた娘がいるではありませんか。

「おう、あのときの------。」

新平は、池をめぐつて娘のところへ駆け寄ろうとしました。

野馬は、藤の花を散らして牧の中へ逃げ込みました。

「あれ−っ!」娘は、驚いて池の中へ飛び込んでしまいました。

二重、三重の輪が水面に広がりました。

やがて静まり返った水面には、新平の“ぼう−っとした顔が写っているだけで、娘の姿はありませんでした。

そして池の中ほどが、ゆらゆらと動いたと思うと赤い舌をちらつかせた大蛇が姿をあらわし、池の奥へ消えました。

(柏市教育委員会・こんぶくろ池保存の会「こんぶくろ池」s59年3月発行)

民話 5「大蛇の逢いびき」




手賀沼の主(大蛇)とこんぶくろ池の主は一年に一回逢い引きしてたそうだな。

その時は風もないのにゴ−ゴ−と恐ろしい音がするもんで、日も暮れねえうちか

ら雨戸を閉めてしまった。

「こんな夜はおっかねえから、こめらうんねろ」

(子供達は早く寝ろ)と、言われたもんだ。

次の朝、大堀川の淵の真菰がわっさり折れ伏したように倒れていたそうだな。

(柏市教育委員会・こんぶくろ池保存の会「こんぶくろ池」s59年3月発行)

民話 6 「大蛇のお産」

むかし、昔のお話です。
正蓮寺在のお百姓さんの若者が田んぼで野良仕事をしていました。

夏草の生い茂る昼さがり田草を刈っていた若者は、こんぶくろ池から流れてくる小川の真菰や葦の葉がザワザワと鳴るのを聞き、何事だろうと腰を伸ばして見ると、それはくねくねと泳ぎ流れて行く大きな黒光りのする銀の蛇でした。

「---」瞬間のことです。

 大蛇が過ぎ去った小川の真菰も葦も下草もわっさりと倒れ伏していました。

 その銀の蛇の姿が下流へ下流へと行くさまを見て驚きが静まらず野良にいるのが恐ろしくなり一目散で家に帰りました。

 「じいさま、ばあさま、おりゃあ、きょうほど驚いたことはねえなあ」と一部始終を家族に話しました。
・・・がその若者の顔は青ざめていました。

 「うん、それあ、こんぶくろ池の主が弁天さまへ行ったんだべえ」とおじいさんは言いました。

 「あのな、こんぶくろ池の主が子供を産む時は、弁天さまへ行くんだと世間の人がよく言うからな」とおばあさんも言いました。

 その頃のこんぶくろ池から流れていた小川は幅九尺(約3メ−トル)ほどもあって草が生い茂っていて大蛇がゆうゆうと蛇行できたのです。

 今では布施弁天の鐘楼の下の空洞には、白蛇がたくさん生息しているそうです。

 これがこんぶくろ池の主の末裔であるかどうかわかりませんが、この話は明治17年生まれの母が、その親たちから聞いたものだと私達によく話してくれました。

(柏市教育委員会・こんぶくろ池保存の会「こんぶくろ池」S59年3月発行)

民話 6 「龍神祠(リュウジンシ)」

 こんぶくろ池のほとりに一基の小祠(ショウシ)が建っており池を散策する人々が賽銭を投じるすがたを見うけます。 

 現在の水神祠は、昭和56年に建てられたものですが、以前この地には木造の朽ち果てた祠が建っていたものです。

 干魃(カンバツ)被害が続き不作と飢饉で苦しみと悲しみに堪えてきた百姓たちは、農耕が始まる春の3月から田植えごろまでに、こんぶくろ池を掃除し、ここから流れる溝川をさらって田んぼに水を流し入れたのでした。

 農家にとっては大切な命水でしたから、こんぶくろ池の主と言われる龍神さま(または〜大蛇)に、お祈りをささげ耕作にさしさわりのないように心を配っていたのでした。

 お話がおどろおどろした怖い内容になっていたり、途中半端になっているのは、子供たちがちかよって汚したり、事故にあったりしないように言い聞かせるための話のように思えます。